postheadericon 入れ歯や義歯

女性の歯科医

歯科技工所は、歯医者または歯科技工士が、歯科技工を行う場所です。
歯科技工とは、歯科で治療を受けている人から発注された、入れ歯や義歯、インプラントなどを作成することです。
歯科技工士は国家資格で、主にそれらの作成・修理をおこない、歯科医療には歯医者と並んで、なくてはならない存在です。
何らかの要因で歯がなくなると、かむ力が弱くなり、それによって体にさまざまな不具合が生じたり、好きな食べ物が食べられなくなったりすることもあります。
そういったときに、入れ歯や義歯を作る仕事は非常に重要で、人間の三大欲求といわれる程、人にとって食べることは大切で、楽しみの一つになっています。
歯科技工所で行われる、入れ歯作成などは、非常に細かな作業で、繊細な技術が必要になってきます。そして歯科技工所で行われている、入れ歯作成では、咬み合わせも非常に重要になってきます。

咬み合わせは、歯を数ミリ削るだけでも変わってくる。
というぐらい、とても細かな作業です。
咬み合わせが悪いだけでも体に色んな不具合が出てきます。
たとえば肩こりや頭痛などです。
咬み合わせが悪いために、余計な力が入り、常に緊張してる状態となり肩こりなどが起こると言われています。
咬み合わせが悪いと自覚があれば、肩こりの原因もわかりますが、だいたいは自分でも気づかないぐらいのものです。
その状態が何年も続き、蓄積されて症状が出るので、自分でも原因がわからないことが多くあります。
このように歯科技工所は、とても繊細な、しかし人間にとってとても大切な部分を担っているところです。

postheadericon 問題が発生したら

レントゲン写真

この咬み合わせに問題が発生したら、その原因を調べて治療や型の作り直しを行っていきます。
それが終わったら仮義歯をつけて、ここで問題がなければ後日入れ歯の装着を行って入れ歯の治療は完成します。
これは咬み合わせを合わせる治療でもありますので、通常の診察よりも少し時間がかかってしまいます。なお治療後の注意点として、入れ歯を熱湯にかけすぎないことや硬い物を乗せないなど、自分自身でも何点か扱いに注意をする必要があります。

このように歯科技工所では、入れ歯治療を始め虫歯の治療やホワイトニングなどを行う場所でもあります。
また法律で歯科技工所を設置した者は、開業した場所や責任者の氏名などを都道府県知事に10日以内に届け出なければならないので、開業者はこの規定について覚えておきましょう。

postheadericon 歯科技工所とは何か

レントゲンを見る歯科医

人は誰でも一度は歯の治療や検査などで歯医者に行ったことがあります。
そこで、歯科技工所の言葉の意味などについて解説をしていきます。
歯医者という言葉は知っていても、歯科技工所という言葉の意味を知っている人はあまりいません。歯科技工所とは歯科医師が患者の診察を行う場所のことであり、入れ歯や咬み合わせの治療道具が揃っているスペースとなります。

ですが一般市民にとっては歯医者という表現の方が定着しています。
歯科技工所で行われる入れ歯治療は、若い世代よりも中高年世代が多いのが特徴となっています。
治療の流れについてですが、最初に大まかな入れ歯の型どりを行い模型を作成したら、咬み合わせの確認を行います。

postheadericon 出来上がったら

男性の歯科医

入れ歯が出来上がったら、咬み合わせを調べます。
入れ歯の咬み合わせが上手くいかないと、歯科医院のクレームの対象になりますから、咬み合わせは慎重に調整をしていきます。咬み合わせが上手くいくようになれば、入れ歯を専用のケースに大事に入れて、歯科医院に自動車などで届ける事になります。

歯科医院に届いた入れ歯は、その入れ歯を入れる患者が歯科医院に診療に来たら、歯科医師が患者に実際に装着してみて、咬み合わせ状態を歯科用のドリルなどを利用して調整していく事になります。
また、どうしても、歯科医師の先生が咬み合わせが悪いと言ってクレームをつけて来た時には、また、歯科技工所に持ち帰って歯科技工士の手で修正する事になります。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031